アトピーと保湿

アトピーで悩む人は多いでしょう。今回は、アトピー肌の特徴、改善の方法について、お伝えしますので、ご参考になさってください。

アトピー肌の特徴として、挙げられるのは次の二点です。まずは、水分が少なく、乾燥しやすいという事、そしてバリア機能が低下しているために、外部からの刺激が防げず、炎症を起こししやすいということ。このように水分保持力やバリア機能が低下しているのには訳があります。アトピー性皮膚炎の角質層は、角質層細胞間脂質であるセラミドという主成分が、健康な肌に比べると低下しているからです。

炎症このセラミドについて、もう少しご説明しますと、セラミドを主成分とする角質層細胞間脂質は肌の水分保持、バリア機能に関与しています。(肌への関与の割合はセラミド80%、皮脂2%)そのため、上記のようにセラミド不足の肌は乾燥し、炎症も起こしやすくなると言うことです。このことから、わかりますようにバリア機能が低下しているために異物が肌内に入りやすく、体内の免疫細胞を攻撃しますから、肌は炎症し、赤み、かゆみも伴ってしまいます。このために、アトピー肌は肌に水分と保湿を補う必要があるのです。

当サイトは、アトピー肌の保湿の大切さについての情報をご紹介します。どんな保湿剤が必要か、生活を改めて新しい化粧品を慎重に扱うにはどうすればよいかについて、分かりやすく記述しますので、アトピー肌の悩みのある方は、ご一読下さい。お悩みの皆様のお役に立てれば幸いです。


▽関連記事▽

  1. どんな保湿剤がいいか
  2. 生活を改め慎重に