どんな保湿剤がいいか 

アトピー肌に大切なのは、保湿ですが、それと共に水分も必要です。保湿のためには、表面をしっかりと保護する保湿剤が良いでしょう。補ってあげないと、かゆみのために掻いてしまい、角質層に物理的なダメージを与えてしまいます。そうなると、余計にバリア機能が低下し、もっと乾燥がすすんでしまいますし、炎症もひどくなってしまう恐れがあるのです。特に炎症がひどいときは、普段使用して何でもないような化粧品でも、かぶれてしまったり、炎症が悪化してしまう場合があります。

そのため、精密度の高いもの、添加物を排除したものを配合されている油の種類にも気を付けて選ぶ必要があります。油についてですが、脂質の種類によっては、角質内の細胞間脂質のバランスを崩すものがありますから、配合されている油に気を付けた方が良いです。

水分保持のためには水分保持のためには次に挙げるタイプの保湿剤が必要です。アミノ酸、グリセリン、尿素(顔には不向き)を含んだ外部の水分を吸い上げる保湿剤、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を含む水分を内部に入れる保持に有効な保湿剤、セラミド配合の水分を細胞間脂質の層の間に挟み込むこの中では強いタイプの保湿剤(界面活性剤使用のものは注意が必要)が挙げられます。このような保湿剤で保湿と水分をキープしましょう。


▽関連記事▽

  1. アトピーと保湿
  2. 生活を改め慎重に